就職活動で必ず経験しなければならないものが面接です。採用は面接なしには決定しませんので、書類審査やペーパーテストがない会社でも面接はあります。実際の面接には、方法がいくつかあります。前もって伝えられている場合もありますし、当日まで面接の形式がわからないこともあるでしょう。面接方法の中で最も主流となるものは個人面接でしょう。

会社側は1人~複数人数で、就職希望者1人に対し行います。自己アピールや質疑応答を、じかにコミュニケーションをはかりながらする形が個人面接です。比較的リラックスできる形式ですから、緊張しすぎないこと、会話を楽しむ気構えなども大事です。集団面接は、就職希望者も会社側も複数人数で行います。多くの場合はすぐに就職が決まるのではなく、一次面接や二次面接で行われます。会社側にとってのメリットは、応募者同士の比較がしやすいということです。

近頃よく行われている面接形式が、グループディスカッションというものです。応募者が5人~10人で、議論を特定のテーマに関してするという方法です。いずれの面接形式でも、自己アピールの場であることを心に留めて就職目指して取り組んでください。

関連ページ