フリーローン金利について

フリーローンを提供している金融機関は、銀行と消費者金融にわけられます。
銀行系のフリーローンは、どちらかというと金利が低く、限度額が300万円~500万円など多額の借り入れができ、その銀行の商品(普通預金、住宅ローンなど)を利用している人には、フリーローンの金利を安く提供してもらえる、といったメリットがあります。
ただし、銀行系のローンに比べて、借入限度額が少額で(30万円~50万円など)、金利も高いというデメリットがあります。
フリーローンの金利は、目的別ローンの金利に比べて、高めに設定されています。
住宅ローン、カーローン、教育ローンなど、目的別ローンが利用できる場合には、できるだけそれらの商品を利用するのが良いでしょう。
現在、複数の会社から借り入れをしていて、債務の一本化を考えている人は、借入限度額の大きなフリーローンを「おまとめローン」として利用する方法があります。
実際「おまとめローン」という商品名のものを発売している金融機関もあります。
を考えて選ばなければ、返済総額大きくなってしまうこともあります。
フリーローンは、金利の引くものを借りられるといいことは、間違いありません。
ただ、一つ考えていただきたいのは「借りなければ、金利など払わなくても良いのだ」ということです。
住信SBIネット銀行おまとめローン審査!【一本化評判口コミ】