住宅ローンの金利と審査基準について

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の金融機関のリフォームに使える住宅ローンを組み直す事です。
借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。
ですが、借り換えをして必ずメリットがある。
という訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所は少ないでしょう。
借り換えにはそういったケースも含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。
住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。
ネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。
実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。
店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですので、銀行のリフォームに使える住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
リフォームに使える住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

東京スター銀行住宅ローン審査ゆるい